本文へスキップ

第51期・活動報告251ST report/page2

第1回献血事業

献血事業

日時:10月21日(日) 担当:安全委員会

平成24年度第1回目の献血事業が、例年通り去る10月21日(日)にアトラス萩駐車場にて行われました。つきましては、会員の皆様の多数のご参加、職場の社員の方々のご協力により、それなりの成果をおさめられたことを、ここに心より感謝とお礼を申し上げます。ありがとうございました。1日を体験し感じた事を幾つか述べさせて頂きますと、まず1つは、「献血対象者の制限の厳しさ」であります。献血希望者であっても、体重制限(50kg未満は不可)や、睡眠時間、朝食摂取の有無、薬服用の有無等で献血が出来ないと言う結果に終わる例が多く見受けられ残念でありました。2つ目は、「若い人々の協力の必要性」であります。この度は400ml限定ということもあり、若い人々の協力が必要となります。若い人々に献血の重要性を感じ献血に臨む意欲をより持って頂きたいと感じました。今回は、献血希望者の多くは何度か献血を経験され献血カードを持参しておられました。うれしい事でございます。しかし、「献血は初めて」「これからしてみたい」という方々をもっと増やすためにも、予めのアピール、宣伝広告の必要性も感じました。これらの気づきや反省を元に、次回の2回目の献血運動に活かしたいと考えております。皆様、暑い中、本当にありがとうございました。また、日赤スタッフの方々にも心より感謝申し上げます。安全委員長 烏田 勝美 記

つばき園交流収穫祭

つばき園交流収穫祭

日時:11月24日(土) 担当:福祉厚生委員会

11月24日(土)、川上のL福永農園にて、つばき園交流収穫祭を開催しました。 前日より天気予報を気にしながら当日を迎え、雨雲の下でゆずを収穫しました。 鋭いトゲに苦闘しながら順調にゆずをもいでいましたが、しばらくすると小雨がぱらつき、収穫したゆずをコンテナに積め、急いで軽トラックに載せて収穫を終えました。 場所を移動しテントの中でなごやかに食事会をすることができました。 農園で実ったみかんもデザートで頂きました。収穫の準備から会場提供までご協力いただいた福永さんには、大変感謝申し上げます。 また多くのライオンズのメンバーの協力があって、雨の中でも総勢50名の参加者で開催することができました。 参加していただきましたつばき園の皆様、そしてクラブメンバーのみなさん、ありがとうございました。12月8日のバリアフリーもちつき大会のご参加もどうぞよろしくお願いいたします。
福祉厚生委員長 奥田 和彦 記

バリアフリーもちつき大会

バリアフリーもちつき大会

日時:12月8日(土) 担当:福祉厚生委員会

12月8日(土)萩病院東館にて、バリアフリーもちつき大会を開催致しました。 前日よりメンバー・レディの皆さんには寒い中、もち米磨ぎや会場準備のお手伝いをして頂きました。 翌日、荒れ模様の天気の中、テントが飛ばされないか心配しながらもちつきが始まりました。 日曜日の6クラブゴルフ大会に参加するメンバーは、当日差し支えないように杵を振り、予定通り11時前にはもちをつき終わりました。 つきたてのお餅入り雑煮で暖まった後、篠原会長のあいさつがあり、大ホール内でふれあいもちつき大会を行いました。 つきあがったもちは参加された皆さんに持って帰って頂きました。 障がいをもたれた方々と一緒に活動ができ、地域の縁を大切にできた一日でした。 多くのライオンズのメンバー・レディそして地域の方の協力があって、盛大に開催することができました。 ご協力頂いた皆様、大変にありがとうございました。 その夜、萩シーマートのがんがんにて先日のつばき園交流収穫祭と本日の反省会を行いました。 
福祉厚生委員長 奥田 和彦 記

ライオンズ・クエスト・プログラム認定講習会

ライオンズ・クエスト・プログラム認定講習会

日時:12月1日・2日 担当:市民奉仕委員会

12月1日・2日の2日間、ライオンズクエスト2012年萩ワークショップを萩市民体育館において開催し、19名の認定講師が誕生しました。参加された教職員の方々の反応を心配しましたが、良い評価を頂き早速授業に取り入れるとの声もありました。当日は、竹下第2副地区ガバナー・平岡キャビネット幹事・村川6R RC兼務3Z ZCはじめ、これまでクエストに携わってこられた方々等、多数の参加頂き、また担当の西村 青少年健全育成委員長は、2日間とも終日公聴されていました。萩LCでは、47期にクエスト普及について、武波クエスト説明員(楠LC)に卓話をお願いしてから5年間取組んでの開催。紆余曲折あったようですが、前期に実施された体験セミナーにより、ライオンズクエストが教職員の方々に認知され、また、田万川LCの協力も頂きながら、未だにクエストが解らない頼りない委員長ですが、ホスト役に徹する事で、なんとかワークショップを無事に終える事ができました。担当された委員会メンバーはじめ、これまで携わってこられた多くのメンバーの皆さんのご協力に感謝し、開催報告とさせて頂きます。ありがとうございました。
市民奉仕委員長 金子 成志 記

第2回献血事業

献血事業

担当:安全委員会

暖かな休日に恵まれ、アトラス萩駐車場にて今期2度目の献血活動を行いました。今回の献血募集に関して、どの様な方にお声をお掛けしたら良いものか躊躇しました。対象条件として、男性17才以上69才以下・女性18才以上69才以下(体重50s以上)、また前日の飲酒状況や薬・睡眠不足など色々と制限が厳しくなっています。しかも、高齢化に伴い今までのパターンの変化を感じずにはいられませんでした。日赤の課長さんの話でも「県内どこも、こういった流れが変わってきていますよ。だから、なかなか献血不足で頭が痛いです。」との事でした。今、県内では1日400CCが800本必要であり、輸血を必要とされる方の年齢は50才以上が5割を占めているそうです。今回、こういった話を聞いた時、事業の責任の重さを痛感致しました。これからは、献血をされる人の確保、またお願いの仕方やアピールについてもっと考えを改める必要があるのではないでしょうか?献血者は52名でした。安全委員長 烏田 勝美 記

平成24年度「薬物乱用ダメ。ゼッタイ。教室」開催

平成24年度「薬物乱用ダメ。ゼッタイ。教室」開催

日時: 1月30日、2月18日 担当:安全委員会

1月30日に越ヶ浜中学校、また2月18日に大井中学校に薬物乱用防止教室講義を行いました。両校とも3年生を対象として行いましたが、真剣に聞いていました。また、寸劇も両校ともに女子生徒が参加して盛り上げてもらい、有意義な講座となりました。協力していただきました皆様ありがとうございました。
安全委員 石川 彰 記

春の全国交通安全運動街頭指導

春の全国交通安全運動街頭指導

日時: 4月6〜15日 担当:安全委員会

4/6 〜4/15まで春の全国交通安全運動街頭指導が行われました。皆様のご協力により、事故も無く萩を背負う新一年生の力強い姿も見ることが出来ました。この児童達の成長を願いつつ、今大人の私たちが何をしなければならないのかを考え、見守りながら頑張って行きたいと思います。会員の皆様、ご協力ありがとうございました。安全委員長 烏田 勝美 記

献眼・臓器提供意思表示普及推進事業(萩看護学校講演会)報告

献眼・臓器提供意思表示普及推進事業(萩看護学校講演会)報告

日時: 6月24日 担当:福祉厚生委員会

6月24日(月)萩看護学校にて、献眼・臓器提供意思表示普及活動の講演会を開催しました。金子成志Lの体験を萩看護学校の学生さんが真剣に聞き入っていました。講演の後、第一看護学科の学生と山本敏恵校長先生の講演内容について専門的な質問がありました。 また、やまぐち移植医療推進財団専務理事の小野村さんと、やまぐち移植コーディネーターの熊野さんが駆けつけて下さり、萩ライオンズクラブメンバーと一緒に講演を聞かれました。最後のご挨拶で、「これから医療の最前線で活躍される皆さんに是非お願いがあります。それは、移植医療について正しい知識を習得し、それを現場で生かしてほしい」と話されていました。学生の皆さんの今後の活躍を期待したいと思います。福祉厚生委員長 奥田 和彦 記

萩ライオンズクラブ事務局

〒758‐0044
山口県萩市大字唐樋町字唐樋町28-1
萩センタービル2F‐A号室

TEL 0838-22-1220

FAX 0838-22-1680

MAIL hagi.lc@eagle.ocn.ne.jp

サバンナバナー

複合地区ガバナー協議会バナー

ライオンズクラブ国際協会バナー