本文へスキップ

第54期・潮友会54TH FISHING

第1回活動報告

第1回潮友会

船釣りは釣り過ぎにご用心

8月23日、今期最初の潮遊会を開催致しました。今回も竹下船長のご厚意により、午前6時30分に参加者6名が集合、釣り場に向かいました。途中、廣畑さんが船に弱い為尾島へ上陸、赤水狙いでルアー釣り、残り5名は船からのさびき釣りを楽しみました。すると第1投目から岩川会長の竿へ早々と鯵が3匹続き、廣兼前会長の竿へ鯵と真鯛が1匹、その後は次から次へと入食い状態で、船上は鯵・鯛・かわはぎで久々のお祭り状態、廣畑さんも尾島で、赤水を6匹、今回の釣果は大漁でした。その後午後5時より廣兼邸へ集合、下間さんも参加頂き、魚と肉を並べての大宴会で潮遊会を締めくくりました。潮遊会 会長 中家 豊

追記:尾島ではキジハタの30cm以上が4匹、合計7匹+25cm前後のカサゴ1匹の釣果でしたが最後に釣れたキジハタは食べ切れないと判断し、リリース。さすがに離島は魚影が濃いと実感した釣行でした。by廣畑


第2回活動報告

第2回潮友会

穴釣り恐るべし!ボテコは穴から引っぱり出すべし!

去る9月22日(火)、シルバー・ウィークを利用しての第2回潮遊会が開催されました。今回から原則としてターゲットとなる魚種を定め、大物賞や外道賞等を設けた新プランでの潮遊会です。今回のターゲットはカサゴ。萩ではボテコの名で知られる根魚でとてもおいしい魚です。当日はL中家、L岩川、L林そして廣畑と4名の参加で少々さびしい感じでしたが、朝9時に越ヶ浜漁協へ集合。中家潮遊会部長は秘伝の「穴釣り」を披露。竹竿を手作りした仕掛けにて釣るわ、釣るわの大爆釣。我々ソルト・ルアー集団の追従を許さぬぶっちぎりの数を釣り上げました。ダーク・ホースのL林は借り竿で根掛かりを多発しながらもまあまあのサイズをゲット。そしてフィールドを虎ヶ崎のほうへ移しての最終釣行ではL岩川がL中家の最大サイズと全くの同サイズを釣り上げ、大物賞はお二人で仲良く山分けとなりました。外道賞は私、廣畑がアオハタ20cmを釣り上げ、頂きました。カサゴは日中は穴蔵に潜んでいることが多く、従来の竿+ラインでのルアー釣りでは釣れても穴から引っ張り出せず、根掛かったようになるため、なるほど竹竿による穴釣りの奥深さを思い知った今回の潮遊会でした。 廣畑 雅弘

第3回活動報告

第3回潮遊会1第3回潮遊会2

潮友会初!相島釣行記

10月18日(日)、今期第3回目の潮遊会を開催致しました。今期は毎月開催が目標、午前8時発の相島行定期船に竹下ジュニアも含め5名で乗り込み、潮遊会初の離島へ渡っての釣り大会、皆大漁を思い浮かべ出港しました。意外にも、デッキには釣りガールもいて大賑わいでした。第一投目から廣畑さんの竿へ赤水(キジハタ)が早々ヒット、続き私の竿へもメジナがヒット、その後は、林さんの竿と私の竿へ次から次へとメジナが入食い状態、なぜか廣兼さんの竿だけが…。最後に竹下ジュニアの竿には真ハタがヒット、大漁で相島を後にしました。 潮遊会会長 中家 豊

追記:初めての相島釣行でしたが港内も水深が思ったほど深くなく、また外海に面した波止には船が無ければ渡ることが出来ず、仕方なく港のテトラからの釣りとなりました。キジハタは14gの”バサロ≠ノ北陸クリアホローの小魚系ワームにてゲット。オカッパリからのソルト・ルアー・フィッシングにおいては少し釣りづらい環境であった今回の釣行。やはり相島は瀬に渡らないとダメなんだなと思い知りました。


第4回活動報告

船釣り&尾島オカッパリ釣行記、船中はサバの乱舞!

4月10日(日)、潮遊会を開催致しました。今回は、竹下船長のご厚意により、久々の船釣りで前回の大島での雪辱を晴らすべく、心ワクワク、午前7時に参加者6名が集合、釣り場に向かいました。途中、廣畑さん、林さん、そして私、3名が尾島へ上陸、廣畑さんは赤水狙い、林さんと私はぼてこ狙いで釣り始めましたが、水温がまだ低い為か、釣果が出ず、ぼてこ10匹程度でした。竹下船長、岩川会長、廣兼前会長は船からのさびき仕掛けで大物狙い、鯛・やなせ・ぼてこと期待通りの大物、特に鯖の大群に船上は上を下への大騒ぎ、今回の潮遊会の釣果は、大量の鯖でサバを読む必要なし、反省会では大量の魚でおいしいお酒を飲むことが出来ました。追伸、次回は5月29日(日)を予定しています。 潮遊会  部長 中家 豊

 

萩ライオンズクラブ事務局

〒758‐0044
山口県萩市大字唐樋町字唐樋町28-1
萩センタービル2F‐A号室

TEL 0838-22-1220

FAX 0838-22-1680

MAIL hagi.lc@eagle.ocn.ne.jp

サバンナバナー

複合地区ガバナー協議会バナー

ライオンズクラブ国際協会バナー