本文へスキップ

第55期・活動報告155th report/page1

萩夏まつり

萩夏祭り「お買い得市」1萩夏祭り「お買い得市」2

お買得市  担当:市民奉仕委員会

猛暑が続く8月3日(水)に行われました、萩夏まつり「お買得市」につきましては、会員の皆様、レディーの方々には商品集め及び当日の販売にご協力いただきありがとうございました。お陰様で、約1時間半で商品もほぼ完売し市民の皆様にも喜んでいただき目標以上の収益を上げることができました。今後も、市民奉仕委員会の事業にご理解、ご協力を宜しくお願いいたします。本当にお疲れ様でした。
市民奉仕委員長 山本真一朗

萩夏祭り「献眼・臓器提供意思表示PR」

献眼・臓器提供意思表示PR
担当:保健福祉厚生委員会

8月3日(水)の萩夏まつりにて、献眼臓器提供と薬物乱用防止PRのリーフレットとポケットティッシュを、啓発活動として配布しました。お渡しする際に一人でも多くの方々に、ご理解とご賛同いただけるようにと、「リーフレットは目を通してくださいね」とか「薬物はゼッタイダメだからね」など、言葉に気持ちを込めてお渡しすることができました。これからも引き続き啓発活動を推進していきたいと思います。当日ご協力いただいたクラブメンバーの皆様、暑い中ありがとうございました。 保健福祉厚生委員長 金子 聖司

ライオンズ・クエスト

ライオンズクエスト1ライオンズクエスト2

担当:青少年健全育成委員会

萩LC認証55周年記念事業として、8月16日(火)・17日(水)に萩東中学校でライオンズクエストプログラムのワークショップを開催致しました。初日の開会行事は、336-D地区の井上哲治委員長、冨川会長の挨拶で始まり、萩市教育委員会の中村哲夫教育長も視察にこられました。講師の北山先生のテンポのよい講義で、受講された19名の先生方は「この度のワークショップで体験したことを、2学期の授業で子どもたちに実践していきたい」と話されていました。暑い中、参加されたメンバーの皆様、お疲れ様でした。
青少年健全育成委員長 奥田 和彦

萩LC杯卓球バレーボール大会

萩LC杯卓球バレーボール大会1萩LC杯卓球バレーボール大会2萩LC杯卓球バレーボール大会3

担当:保健福祉厚生委員会

9月10日(土)、萩ライオンズクラブ杯卓球バレーボール大会を開催しました。本来春の開催予定が熊本大震災で出場できなかった熊本の真和館チームを招待しての開催の運びとなりました。卓球バレーは、国内では京都、山口県内では萩が発祥で、障害者はもちろん、小学生から高齢者までどなたもできるスポーツです。参加チームは、つばき園AとBの2チーム、熊本から参加の真和館チーム、萩光塩学院高校と萩高校の2校のチームと萩ライオンズクラブチームも参加しての大会でした。結果はつばき園Aチームが優勝、2位つばき園Bチーム、3位真和館、萩ライオンズクラブは主催ということで順位はなかったものの、最下位ではない成績でした。萩ライオンズクラブ認証55周年記念事業ということもあって、クラブメンバー20名以上ご参加をいただき楽しく終了できました。また翌日のバーベキューまでご協力ありがとうございました。
保健福祉厚生委員長 金子 聖司

2016年夏期YCE派遣生帰国報告

2016年夏期YCE派遣生・奥田 萌香さん

派遣国:シンガポール・マレーシア

私は、マレーシアに約20日間、シンガポールに約10日間ホームステイをしました。現地に着くまでは、外国の習慣に対応できるか、初対面の人たちとうまくコミュニケーションがとれるか、外国語で意思疎通ができるかなど多くの不安点がありましたが、いざ訪れると、現地の皆さんが寛容な心で受け入れて優しく接して下さったので、それほど緊張せずに過ごすことができました。  マレーシアでは4家庭、シンガポールでは1家庭でお世話になりました。マレーシアでは、同じ国内でも地域によって街の様子が全く異なっていて、都会的なところでは大型のショッピングモールがありましたが、少しはずれたところでは地面がでこぼこで道路の脇に木が生い茂っていて、家で停電が起こるのは日常茶飯事だそうです。そのような環境に少し戸惑うこともありましたが、現地のライオンズクラブの方々の企画のおかげで、毎日色々な場所を訪れてさまざまな経験ができ、とても充実した日々を過ごすことができました。学校で一緒に授業を受けたり、老人ホームや病院でお年寄りとお話をしました。また買い物をしたり、美しい海に行ったりと大いに楽しむことができました。特に印象深いのは、2日間のキャンプです。現地の同世代の中高生と歌を歌ったりして、交流を深めました。フレンドリーな人が多く、色々な人と会話をすることができました。とても良い時間を送れました。また大規模なホームパーティでは、日本人と現地の人が一緒に巻き寿司を作りました。現地の人も楽しそうでよかったです。  マレーシアの4家庭を訪問したのち、シンガポールに渡りました。シンガポールは大都会で高層ビルが立ち並んでいました。10日間の予定で長いかと思いましたが、毎日多くの場所を訪れてあっという間に過ぎてしまいました。気温は高いですが、風が気持ちよく日本のほうが暑く感じられるようでした。日本と違って驚いたのは、道路のつくりです。マレーシアの道路は比較的信号が少なく、交差点では円の廻りをまわりながら進むので、とても驚きました。また、食文化の違いでは、「緑茶」が自分の知っている味よりもずっと甘かったので驚きました。初めて食べたものも多く、現地の麺料理がとても美味しくて良い経験になりました。  この度のホームステイで外国の良さを存分に味わうことができました。現地の人々の優しさに感動し、いつかまた行きたいと思いました。また機会があれば、日本に来られる外国の方にも同じように接することができればと思いました。学んだ多くのことを生かして、将来にむけてがんばります。 奥田 萌香
奥田 萌香さん・現地写真1奥田 萌香さん・現地写真2奥田 萌香さん・現地写真3

2016年夏季YCE派遣生・河村 啓太君

派遣国:シンガポール・マレーシア

私はこの夏YCE派遣生としてシンガポールとマレーシアにホームステイさせていただきました。私は海外が初めてだったので言葉の不安がありましたが同時にとても楽しみでした。最初はマレーシアに滞在しました。日本を発つ前にマレーシアの人たちは宗教心がつよいと聞いていたので食事のマナーや生活習慣の違いが心配でしたが、現地の人々が温かく接してくれたおかげで着いた頃にはそんな不安はなくなっていました。  実際あまり宗教的な部分を感じることもありませんでした。困ったことといえばトイレです。日本とは違って、トイレットペーパーが置かれていないのでティッシュを持参しないといけませんでした。ショッピングモールのトイレは、お金を払わないと入れないところもあり、日本では考えられないことなので驚きました。気になっていた食事面では全く苦に思うことはありませんでした。強いて言えば、ドリアンはダメでした。マレーシアの料理は辛いものが多いのが特徴で、とても美味しく今ではマレーシアの料理が恋しくなるほどです。そしてマレーシアでは学校に行きました、比較的日本の学校よりも大きく迷いそうでした。学校の生徒はとてもフレンドリーですぐに仲良くなることが出来ました。今でも仲良くなった学校の生徒とは連絡をとっています。ちなみにマレーシアの学校では夏休みがないところが多いようです。そしてマレーシアではキャンプもしました。キャンプではマレーシアと日本の環境や食事の違いなどを話し合いました。私は観光場所の違いについて話し合いましたが、英語でのコミュニケーションは難しく、よく伝わらないこともありましたがジェスチャーや絵を使って何とか伝えることが出来ました。キャンプを通じてコミュニケーションの大切さ、自分の英語能力の乏しさを実感し英語に対する関心が増しました。  シンガポールはマレーシアと違って高い建物が多くあり違った楽しさがありました。シンガポールでは主に有名な観光スポットをめぐりました。よく聞くマーライオンは予想と違って可愛らしい顔をしていました。そしてシンガポールでも学校に行きました。そこでシンガポールの学食を食べたり、学校の生徒とスポーツをしたりと楽しい時間をすごしました。日本の高校生と比べるとやはり身長が高い人が多かったように思います。シンガポールでは、初めての経験が多く自分の可能性が広がった気がします。マレーシアもシンガポールも一日一日がとても濃密で、長いと思っていた1ヶ月はあっという間に過ぎていきました。私はYCE派遣生としてホームステイさせていただいて、積極的に新しいことにチャレンジしたいという気持ちが芽生えました。海外に行くことも拒んでいたのに今では、また海外に行きたいと思っています。こんなに充実した1ヶ月は他にないと思えるほど素晴らしく忘れることのない時を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました。 河村 啓太
河村 啓太君・現地写真1河村 啓太君・現地写真2河村 啓太君・現地写真3

グリーンリボン贈呈式

グリーンリボン贈呈式

日時:9月20日(火)担当:金子成志L.アイバンク理事

10月は臓器提供意思表示推進月間です。9月20日(火)、県庁において、レノファ山口の河村社長さん・山口県健康福祉部の藤井部長さんをはじめ多くの関係者の皆さんにご出席頂いて、レノファ山口のマスコットキャラクターの「レノ丸君」へ(公財)日本臓器移植ネットワークの「ハーティちゃん」がグリーンリボンを贈る贈呈式が行われました。あわせて、レノ丸君をデザインに取入れた、(公財)やまぐち移植医療推進財団オリジナルの臓器提供意思表示カードを披露させて頂きました。  アイバンクの啓発活動等を実施しているライオンズクラブから理事に選任されている私が、移植医療推進財団を代表し「このカードを手にしたときに大切な人と話し合う機会を設けて頂ければ…」との思いをこめて挨拶をさせて頂きました。また、レノファの河村社長さんから「移植医療が多くの人たちに認知してもらえるよう協力をしていきたい。」とご挨拶を頂きました。  このカードは1万枚作成され、レノファの試合会場やレノファショップ他、県内各所で配布されます。“あなたの意志で救える命があります。”多くの方に移植医療について認知して頂けるようを願い報告させて頂きます。金子 成志

秋の交通安全運動街頭指導

秋の交通安全運動街頭指導

担当:青少年健全育成委員会

秋の全国交通安全運動街頭指導を9月21日(水)から30日(金)に実施しました。明倫小学校の児童と近隣中学校・高校の生徒とあいさつを交わしながら、街頭指導を行いました。参加されました皆様、ご協力ありがとうございました。
青少年健全育成委員長 奥田 和彦

萩ライオンズクラブ事務局

〒758‐0044
山口県萩市大字唐樋町字唐樋町28-1
萩センタービル2F‐A号室

TEL 0838-22-1220

FAX 0838-22-1680

MAIL hagi.lc@eagle.ocn.ne.jp

サバンナバナー

複合地区ガバナー協議会バナー

ライオンズクラブ国際協会バナー