本文へスキップ

第57期・活動報告157th report/page1

薬物乱用ダメ。ゼッタイ。教室開催

山口県立萩高等学校での烏田L.による講義1山口県立萩高等学校での烏田L.による講義2

日時:7月6日(金)山口県立萩高等学校・7月10日(火)萩光塩学院中等部・高等部
7月19日(木)萩市立明木小学校・旭中学校 担当:青少年健全育成委員会

7月6日(金)、萩高校体育館で薬物乱用「ダメ。ゼッタイ。教室」の講師を務めさせて頂きました。講師として初舞台が、全校生徒、教師を含めて450人。正直、1回目の延期の連絡をもらった時、回避できた!という気持ち、反面、折角のチャンスが…。両方の気持ちが同居する複雑な感覚でした。が、再度2日後の金曜日に再度チャンスが参りました。シュミレーション通りにうまく進行していたと感じ、2回目の時計確認の時に悲劇が!終了時間を10分多めに勘定してしまい、しかも質疑応答の時間確保のミッションも忘却の彼方に消え去って、頭の中で、10分間、予定外のスライド説明が計画されてしまいました。最後、メンバーの方から合図を頂き、そのミスに気付いた時にはもう手遅れ。生徒さんにも退屈な時間を与えてしまいました。反省あるのみです。薬物の危険性、回避の最低限の方法は伝えきれたと感じましたし、代表生徒さんからの感想からもそのあたりはクリアーできたかと。次回是非リベンジをさせて頂きたいと思います。貴重な体験を自分がさせて頂きました。烏田 栄二
萩光塩学院中等部での藤原L.による講義 萩光塩学院高等部での会長挨拶 
 萩光塩学院高等部での委員長挨拶 萩光塩学院高等部での井上L.による講義 

萩夏まつりでのアクティビティー

サマーマーケット

サマーマーケット 担当:市民奉仕委員会

暑い日が続いています。今年も8月3日(金)の萩夏まつりにおいてお買い得市改め、「サマーマーケット」を開催することが出来ました。当日は夏らしく暑い一日でしたが、多くの会員とレディの絶大なるご協力により、無事完売することが出来ました。今回のサマーマーケットでは手作り商品として、廣畑レディよりかばん、バッグ類、尾河会長子弟より、手作りパン、守永レディよりぬいぐるみとキーホルダーが提供され、完売と売上アップに多大なる貢献頂いたことは重ねてお礼申し上げます。当日も目立ったトラブルもなく、無事終えることが出来たのも、委員会メンバーをはじめ、参加会員とレディのご協力なくして語ることは出来ません。暑い夏の一つの思い出になったことは担当委員長として大変うれしく思います。引き続きアクティビティーが続きますが、よろしくお願いします。ご協力ありがとうございました!!市民奉仕委員長 大嶋 匡史

視力ファースト啓発活動

視力ファースト啓発活動 担当:保健福祉厚生委員会

8月3日 (金)に開催された“サマーマーケット”において、視力ファースト啓発活動の一環としてアイバンクのティッシュの配布を行いました。青少年健全育成委員会・参加メンバーに皆さんのご協力を頂き、ありがとうございました。今後も啓発活動を行います。よろしくお願いします。
保健福祉厚生副委員長 金子 成志

薬物乱用防止PR

薬物乱用防止PR 担当:青少年健全育成委員会

7月に薬物乱用教室を開催しました。引き続き8月3日(金)、萩夏まつりに合わせて薬物乱用防止PR活動を委員会メンバーを中心として行いました。青少年を対象として、パンフレットを配布しました。薬物に対する知識、怖さをしっかり伝えていき、今後とも薬物乱用防止活動を行っていきます。青少年健全育成委員長 松尾 義人

2018夏期YCE派遣生帰国報告

担当:第56期YCE委員会

2018夏期YCE派遣生帰国報告 中村 太輔1

中村 太輔 萩光塩学院2年生 派遣先:マレーシア

私は7月19日(木)から8月17日(金)までの4週間、マレーシアへ行かせていただきました。私が4週間お世話になったホストファミリーは中華系の人々で公用語は中国語と広東語でした。家には父・母・姉・祖母・叔父の6人が共同で住んでおり、私には立派な一人部屋を用意してくださっていました。ホスト・マザーは専業主婦で、ホスト・ファーザーは豚の解体師で、ホスト・ブラザーは19歳で高校で経済を学んでおり、ホスト・シスターは18歳で高校は卒業していました。マレーシアでは大学に進学する人が少ないと聞きました。それにマレーシアの学校は日本と違い、ほとんどの学校が午前中までで、理由があれば欠席することができるようです。とても効率的な制度で羨ましく思いました。平日はホスト・ファーザーとホスト・ブラザーは不在なので、日中は基本ホスト・マザーとホスト・シスターと行動し、日曜日は家族みんなで外出するという日々でした。マレーシアは主にマレー系と中華系と、インド系の人が暮らしているため、マレー・中華・インドの文化が混ざっていました。私のホストファミリーは中華系だったので、中国の文化も学ぶことができました。私たちのいくところは中国人ばかりで、ほとんど中国に来ている気分でしたが、国内でも人種や宗教によって生活の文化も違うのだと感じました。マレーシアではたくさんの国の料理を経験することができました。マレーシアの人は外食が多く、家で食べることはほとんどありませんでした。マレーシアのお米はタイ米で私たち日本人は日ごろジャポニカ米を食べているため、初めは慣れておらずとても苦労しましたが、2週間もたてば慣れました。また、マレーシアには日本ではなかなか食べることのできない果物もたくさんあり、いろいろなものに挑戦しました。私がマレーシアに訪れた時期はドリアンが旬だったため、あらゆるところでドリアンが売られていました。ドリアンのにおいはとても刺激的でしたが、イメージしていたほどにおいもきつくなく、味もクリーミーでおいしかったです。 マレーシアの人々はそれぞれ進行する宗教が違うため、たくさんの寺院がありました。私は今回中国の寺院とインドの寺院、そしてチベット仏教(ラマ教)の寺院をめぐり、山に内接している寺院をケフと呼び、そのような寺院もたくさんありました。また、道の駅ごとにイスラム教徒用の礼拝堂があり、どんな人でも生活しやすいようになっていると思い感心しました。マレーシアではマレーシアならではの文化や光景とたくさん出会うことができましたが、それらがすべて良いものだったわけではありませんでした。私がマレーシアで特に気になったのは「衛生面」でした。道端に捨てられたごみはとても汚く、異臭を放っていました。お店の食器の質もとても悪く、食器の洗い方もとても雑で、たらいにためた石鹸水ですすぐだけだったところもあり、とても不安な気持ちでした。次に、私たちが電車で移動している時、窓ガラスに大胆なひびが入っていたので、とても不安でした。しかし、これらから日本での生活のありがたみを感じることができました。中国では家族を名前よりも敬称で呼ぶ風習があり、私はホスト・ブラザーのことを「ココ」、ホスト・シスターのことを「ジェジェ」と呼ばせてもらい、家族に歓迎してくれていたということが伝わり、この家族でよかったと思いました。マレーシアは日本のお店や商品をたまに見かけるので、日本人もとても過ごしやすい国だと思いました。この4週間、マレーシアでは楽しいことも辛いこともありましたが、とてもいい経験になったことは間違いありません。だから、この場で得たものを日本や世界で役立たせていきたいです。
2018夏期YCE派遣生帰国報告 中村 太輔2 2018夏期YCE派遣生帰国報告 中村 太輔3  2018夏期YCE派遣生帰国報告 中村 太輔4 

2018夏期YCE派遣生帰国報告 尾河  玲12018夏期YCE派遣生帰国報告 尾河  玲2

尾河 玲 萩高等学校2年生 派遣先:ニュージーランド

8月2日に日本を出発し、10時間45分飛行機に乗ってオークランドにつきました。そこからさらに1時間30分かけてネーピアという所に行き、車でホストファミリーの家があるヘイスティングスに向かいました。日本とニュージーランドの時差は3時間なので、時差ボケはありませんでした。ここは南半球にあるので季節は冬で、気温は9℃から17℃でした。ところが思っていた以上に寒く、持参していた服では足りず、同行者にマフラーを借りました。ここまでの同行のメンバーは8名で二人あるいは一人ずつ各家にホームステイしました。1軒目のお宅は新しい家で、とてもきれいで広かったです。私とルーミー(同室のメンバー)には専用の部屋・トイレ・バスルームがありました。そこにはタヒという犬がおり、タヒはマオリ語で「No.1」という意味だそうです。とても人懐っこくて犬好きのわたしにはすごい癒しになりました。ホストファミリーの夫婦はナレルとレスという方でした。すごく優しく英語をゆっくり話してくれ、とても話しやすかったです。私が浴衣を着て見せると、とても喜んでくれ、写真を撮ってくれと言われてうれしかったです。ニュージーランドにはやはり羊がたくさんいました。そこで牧場に連れて行ってもらい、生で羊の毛刈りを見ました。簡単に毛が刈られていて少しかわいそうに見えました。こちらでのディナーはお肉と茹でた野菜が中心でした。日本みたいに生野菜はあまりありませんでした。味付けは塩かケチャップかBBQソースで日本的なうまみはありませんでした。私の口にはあまり合わず、日本食がとても恋しかったです。ヘイスティングスのライオンズクラブ会長とお会いしましたが、女性でとてもきれいな方でした。別の日にマオリ族の女子校に行ったのが特に楽しかったです。マオリ語を教えてもらい、伝統的な遊びを教えてもらいました。会話もたくさんできて良かったです。1軒目最後の日は日本食を作ってくれと言われたのですき焼きを作りました。ニュージーランドではすき焼きに使うような薄切り肉がなく、ステーキ肉しか手に入らないので、お肉ゴロゴロのすき焼きになってしまい、あまりおいしくはできませんでした。ただすき焼きの味はかなり良かったです。最終日は記念写真を撮ったのですが、最初の時より友好を深められたことが実感されました。そしてヘイスティングス市長に会うことができ、こちらも女性でした。それから私は2軒目のホストファミリーの家があるパテアという町まで4時間バスで移動しました。パテアはすごく小さな町でスーパーマーケットや博物館しかありませんでした。2軒目の家に着いた夜、1軒目のファミリーが恋しく少し悲しくなりました。しかし新しいファミリーのマザーであるジャンがとてもやさしくハグをして励ましてくれ、とても安心しました。このころほかのメンバーにトラブルがありました。ホスト・ファーザーが女性メンバーを一人パチンコ屋のような遊戯施設の外に放置し、危険で不快な状態になりました。彼女はすぐ本国の母親に連絡し、ニュージーランド側も虐待に当たるとしてファミリーが変更されました。そこは治安も悪く改めて海外の怖さを実感しました。パテアの近くの町にニュープリマスという場所があり、そこのマウントタラナキに行きました。「富士山に似ているでしょ?」と言われましたが、近くで富士山を見たことがなかったので、よくわかりませんでした。私の誕生日8月29日でしたので、ホスト・マザーがケーキを作ってくれました。砂糖がたくさんかかっていて甘すぎて多くは食べられなかったですが、とてもうれしかったです。最終日はメンバー8名が集合し、買い物をしました。お世話役のアランとエリザベスに会ったときはすごく安心しました。メンバー達とも最初よりすごく仲良くなって、本当に良い出会いでした。みんなと次に会う計画も立てています。ニュージ-ランドでは日本では経験できないことばかりで本当に楽しかったです。また機会があれば是非行きたいです。このような貴重な体験の機会を与えていただき本当にありがとうございました。
2018夏期YCE派遣生帰国報告 尾河  玲3 2018夏期YCE派遣生帰国報告 尾河  玲4 

2018夏期YCE派遣生帰国報告 平田 理紗12018夏期YCE派遣生帰国報告 平田 理紗2

平田 理紗 萩高等学校2年生 派遣先:オーストラリア

私は22日間、オーストラリアのシドニーでホームステイをしました。今日はホストファミリーと食事、行った場所について話します。ホストファミリーは女性の方が1人で名前はFrances・Plunkettといい、オーストラリアでおばあちゃんという意味で、いつもネニーと呼んでいました。ネニーは優しくて明るくてとても面白い人でした。ご飯はペンネやチャーハン、ラム肉のステーキなどを食べました。大体、どの料理にもポテトがでてきました。日本料理として私たちは、お好み焼きを作りました。具はキャベツとベーコンしか入れなかったので、ネニーはお好み焼きを「ヘルシー」と勘違いしていました。でも、喜んで食べてくれたので本当によかったです。行った場所は、オペラハウスとハーバーブリッジ、ブルーマウンテン、動物園、水族館、海、ショッピングモールなどです。オペラハウスとハーバーブリッジとブルーマウンテンは行く前に調べていた時に行きたいと思っていた場所だったので行けてよかったです。動物園は、コアラとカンガルーを近くで見ることができてよかったです。水族館は日本とあんまりかわりなかったです。海にいった時、気温は16度くらいだったけれど、風が強く、結構寒かったのに、海に入っている人やランニングの人がいてビックリしました。ショッピングモールで一番困ったのは、お金の計算でした。オーストラリアドルはドルとセントがありますが、1セントの位はちょっと変わった計算方法があるので会計するときにどのくらいお金を出したらいいのかわからなくて困りました。でも、どの店員さんも優しくて親切に対応してくださったので嬉しかったです。 私は飛行機に乗るのも海外に出るのも他人の家に長い時間住むのも初めてで正直最初は、戸惑いも多く、帰りたいなと思うことも多々ありました。しかし、ホストマザーやルームメイトのおかげで日に日に楽しいって思うことが多くなり、最終日には帰りたくないと思いました。この経験ができたのも私を選んでくださった萩ライオンズクラブの方たちのおかげです。本当にありがとうございました。
2018夏期YCE派遣生帰国報告 平田 理紗3 2018夏期YCE派遣生帰国報告 平田 理紗4 

秋の全国交通安全運動街頭指導

秋の全国交通安全運動街頭指導

担当:青少年健全育成委員会
期間:9月21日(金)・22日(土)・26日(水)
27日(木)・28日(金)

秋の全国交通安全運動が9月21日(金)から30日(日)に実施されました。 ライオンズクラブとして9月21日(金)・22日(土)・26日(水)・27日(木)・28日(金)に萩市西田町市民活動センター「結」交差点にて街頭指導を行いました。明倫小学校の児童は、運動会前とあって大変元気よく大きな声であいさつをしてくれました。大変すがすがしい気分になりました。少子高齢化の中、子供たちは宝です。わずかな期間ですが、子供たちの安全と笑顔のためこれからも続けていきます。街頭指導に参加されたメンバーの皆様、大変お疲れ様でした。青少年健全育成委員長 松尾 義人

ACT05


萩ライオンズクラブ事務局

〒758‐0044
山口県萩市大字唐樋町字唐樋町28-1
萩センタービル2F‐A号室

TEL 0838-22-1220

FAX 0838-22-1680

MAIL hagi.lc@eagle.ocn.ne.jp

サバンナバナー

複合地区ガバナー協議会バナー

ライオンズクラブ国際協会バナー