本文へスキップ

第58期・活動報告258th report/page2

 献 血 活 動

献血活動1

日時:9月29日(日) 担当:保健福祉厚生委員会

9月29日(日)にアトラス萩店駐車場において今期1回目の活動を開催しました。献血者70名を目標としていましたが、受付けいただいた方が68名・献血者63名(うちLC関係11名)でした。少し目標には届きませんでしたが、多くの皆さまにご協力をいただきました。啓発活動に参加された皆さんありがとうございました。九州地方での豪雨をはじめ各地での災害により、献血者数が減少しており、血液が不足していますので献血へのご協力をお願いします。保健福祉厚生委員長 金子 成志
献血活動2 献血活動3
献血活動4  

 ライオンズ・デー

ライオンズデー1

日時:10月8日(火) 担当:市民奉仕委員会

 去る10月8日(火)ライオンズデー奉仕作業が予定されていました。しかし、開始20分前の朝6時10分ぐらいから、一旦上がっていた雨が強く降り始め、止みそうもない為、残念ですが作業を中止しました。朝、早くから明倫学舎玄関前に集まっていただいた大勢のメンバーの方、また、中止の連絡を受け、途中から帰られたメンバーの方々に大変感謝しています。さらに、一緒に奉仕活動を行おうと準備していただいた明倫学舎及びボランティア団体の皆様にも大変感謝しています。大変お疲れさまでした。市民奉仕委員長 古谷 哲朗
ライオンズデー2

 薬物乱用防止教育認定講師養成講座に参加して

薬物乱用防止教育認定講師養成講座

日時:10月19日(土)担当:青少年健全育成委員会

 10月19日(土)、(公財)麻薬覚せい剤乱用防止センターとライオンズクラブ国際協会336-D地区主催により岩国市で開催されました、薬物乱用防止教育認定講師養成講座に久保義寛青少年健全育成委員長と一緒に出席、受講をしてきました。県内、県外より32名の受講者参加により、午後1時より4時半まで途中、休憩を取りながら、ビデオ講座による口座の目的から始まり、DVD視聴による薬物乱用と心身の影響について、県警よりは薬物犯罪の実態、県より薬物乱用への県行政の取組みと講義は続き、最後は超ベテランの認定講師、東京葛飾LCメンバーの舘親光氏による実践講座となりましたが、未来ある青少年の健全な将来を守るというライオンズクラブの重要な使命感のもと受講者全員、途中退席も、居眠りをする者も無く、受講を終えました。今回は、岩国市での講座という事で、往復4時間強の行程はさすがに少し応えましたが、(運転は往復、久保委員長でした)帰りの車中で思ったことは、講義の内容は解り易くその時は理解出来ましたが、ただ1度の講義を受けて今度は自分が青少年に対して薬物乱用防止をはたして十分理解させ実践させることが出来るのか、少し不安な気持ちを持ちながら家路に着きました。青少年健全育成委員 瀧口 治昭

 4~7R献眼・献血・糖尿病研修会

4~7R献眼・献血・糖尿病研修会

日時:10月26日(土) 担当:保健福祉厚生委員会

 10月26日(土)、4~7R献眼、献血、糖尿病、研修会が山口県セミナーパークにて開催されました。萩LCからは、廣畑会長、中屋幹事、大嶋会計と保健福祉厚生副委員長の大谷の4人で参加いたしました。研修会に先立って、腹ごしらえをするべく、新山口駅にある、ニックハウスにてお肉を堪能しました。大嶋会計は今日の主旨を忘れたかのように、300グラムのステーキとライスをペロリと平らげてました。さて、本題の研修会では先ず、第一副地区ガバナーの澤 辰水様挨拶の後、「献眼」についてジャニーズ事務所製作協力の、タッキー主演の亡くなった妹の臓器提供への決断を画いたDVDの視聴とアイバンクコーディネイター様より講演がありました。次に「献血」について献血された血液の流れを、山口県赤十字血液センター事業部長様より講演がありました。私達が献血した血液の使われ方がよく分かりました。また、各クラブに献血活動への謝辞も頂きました。
次に「糖尿病」について、山口県糖尿病協会会長様より糖尿病の最近の話題についての講演がありました。糖尿病は進行性の病気で、様々な合併症を伴う怖い病気だということです。今回の研修会の受講により、各クラブが更なる普及啓発活動が推進されることを願い報告に代えさせていただきます。
保健福祉厚生副委員長 大谷 雅則

 楠LC盲導犬育成支援チャリティゴルフ大会

楠LC盲導犬育成支援チャリティゴルフ大会

日時:10月13日(日) 担当:保健福祉厚生委員会

 10月13日(日)、楠LC第10回盲導犬育成支援チャリティゴルフ大会が宇部72カントリー万年池西コースにて開催されました。前日の台風の影響で開催も微妙かと思われましたが、皆さんのチャリティへの想いからでしょうか、気持ちの良いラウンドとなりました。萩LCからは、保健福祉厚生委員長の金子さんん、ゴルフ部副部長として古谷さん、私、大谷が副委員長兼、ゴルフ部部長として参加いたしました。競技はノータッチ、Wペリア方式で36迄と、時より吹く強い風、速すぎるグリーンでの厳しいラウンドでした。結果は、参加者100人の中、バーディー3つ、ニアピンゲットの古谷さんが53位、前日と2日連チャンラウンドの金子委員長が37位、私、大谷がバーディーを取り過ぎて?グロス80(100人中、2位)で32位となりました。表彰式では盲導犬のロッシーくんも参加で盛大に行われました。これを機会に、盲導犬育成に微力ながら協力していきたいと思いました。保健福祉厚生副委員長 大谷 雅則

 会員セミナー

会員セミナー

日時:11月1日(金) 担当:GLT委員会

 11月1日(金)18時30分から、萩市総合福祉センターにてGLT委員会担当の会員セミナーを19名の参加で開催いたしました。テーマとして「会員の資質の向上」と「会員拡大・会員の維持」で行いました。
「会員の資質の向上」については、経験豊富な竹下ライオンに講師を務めていただきライオンズの基本・資質について改めて再認識させられました。「会員拡大・会員の維持」については、冨川ライオンに講師を務めていただき「笑顔」を切り口として講演されました。楽しく明るいクラブづくり(会員増強)、会員維持へつながるだけでなく、地域や他者から見て、魅力あるクラブへつながる、達成感のあるアクティビティ(会員維持)、地域や他者のためになるだけでなく、会員の誇りやモチベーションにつながる、「一人一人が笑顔を意識することで、楽しく明るいクラブライフ、達成感のあるアクティビティが生まれる。」「チームとして、笑顔で、感動を与えられる萩ライオンズクラブでありたい。」一部ですが紹介させていただきました。
大変実りある会員セミナーでした。竹下ライオン、冨川ライオンありがとうございました。
GLT委員長 松尾 義人

萩ライオンズクラブ事務局

〒758‐0044
山口県萩市大字唐樋町字唐樋町28-1
萩センタービル2F‐A号室

TEL 0838-22-1220

FAX 0838-22-1680

MAIL hagi.lc@eagle.ocn.ne.jp

サバンナバナー

複合地区ガバナー協議会バナー

ライオンズクラブ国際協会バナー