本文へスキップ

役員挨拶GREETINGS

訃報

第56代幹事 白田 豊L.

弔 辞
萩ライオンズクラブ第五十六代幹事 白田豊君のご霊前に謹んで哀悼の言葉を捧げます。私と白田君は元々特に親交が深い方でもなかったのですが、同じ広島カープファンだったことと、明晰な頭脳と請け負ったことは確実にこなす有能さに惚れ込み、ライオンズでは一番重要なポストである幹事をお願いしたところ、快諾してくれた上に中屋君を会計に誘ってくれて、今期共に頑張ってきました。今期のはじめに、君なら何でも任せられると思い、自分が会長になったつもりで思う存分手腕を振るってくれ、責任は俺がとる。と言い放って出発させてもらったっけな。思った通り君は完璧に立ち回ってくれたよ。本当に心強く安心だった。私の前には弁慶みたいな助っ人がいるように見えたよ。そんな君のお陰で私は人前で下手な挨拶をしておけばいいだけのほんと型は蒸気饅頭で通してもらいました。本当にありがとう。今後はそのお返しをしなければと思っていた矢先にこんな事になってしまって、なかなか現実が受け入れられんでおるわ。でもいつまでも落ち込んでおるわけにいかんから頑張るぞ。今期を立派に終わらせてみせるから心配しないで下さい。ライオンズの出事が多くて好きなカープのテレビ中継が、特に昨シーズンは多く観れなくてすまんかったね。もう好きなだけ見れるさ、ゆっくり酒飲みながらね。それと君の場合あんまり早すぎだから残った家族の皆さんをしっかり守ってあげて下さい。男 白田豊君、ありがとう、さようなら。萩ライオンズクラブ 第五十六代会長 椙本 久繁

白田 豊さんの記憶

経 歴
2005.7 入会
2007.7〜2008.6 副テールツイスター
2008.7〜2009.6 広報委員長
2009.7〜2010.6 ライオンテーマー
2011.7〜2012.6 計画委員長
2012.7〜2013.6 YCE委員長
2014.7〜2015.6 会計
2017.7〜 幹事

新年挨拶

第56代 会長 椙本 久繁

皆様、平成最後の30年明けましておめでとうございます。萩ライオンズクラブ会員の皆様はじめ関係各位のご協力、ご厚情のお陰を持ちまして56期も前半を無事終了し新年と後半を迎えることが出来ますことを深くお礼申し上げます。私も少しは会長職も慣れてまいりましたので後半はスローガンどおり、いつもニコニコを意識して出来るだけ明るく立ち回り、クラブのあとがやりやすいようにを一番に考え、残っている事業の遂行や会員拡大等を努力しようと思っておりますのでかわらぬご協力賜りますようお願いいたします。そして年次大会には多数の出席をお願いいたしまして、次年度に弾みをつけてあげられたら幸いだなと思っております。

年男の抱負

篠原 光夫

今回、6回目の年男を迎える事になりました。70年間大病をせず無事に年男を迎えることに感謝致します。70歳で現役引退をして、のんびりゆったりと過ごしています。ライオンズクラブに入会して15年目のキー賞を頂きました。また、今期はGMT委員長の役もあり、私なりに頑張っています。ただ、足腰の衰えは隠せません。アクティビティ参加についてご迷惑をお掛けする事もあるかと思いますが、寛容の心でお許し下さいませ。

藤井 敏

新年あけましておめでとうございます。60歳(還暦)という節目の年がやってまいりました。人生100年時代と云われる中に於いて、一年々目標を掲げ、家族やお世話になった皆様に『感謝の気持ち』を持ち続けて精進して参りたいと思っております。いつもありがとうございます。

古谷 哲朗

新年明けましておめでとうございます。還暦を迎えるにあたり思い返してみれば、今まで忙しく、周りを省みることなく前に進んできたように思います。これからは、少し立ち止まってゆっくりとした時を送りたいと思っています。お世話になった方々や家族にも感謝の気持ちを伝えられるように…。昨年の8月にライオンズクラブに入会しました。新たに多くの人と出会い、また、いろいろな行事に参加してあっという間の数カ月でした。右も左もわからないまま、お役に立てたのか疑問です。これからは、健康に気を付け、ゆとりをもってクラブライフに取り組み、少しでも社会に貢献することができればと思っています。今年もよろしくお願いいたします。

会長コラム

会報6月号

今期もあと1ヶ月で終わりを迎えようとしています。だんだん引継ぎモードになってまいりました。そんな中、本日(5月26、27日)複合地区の年次大会に行ってまいりました。今年は岡山市です。準地区より広いエリアの複合地区は山口、広島、岡山、高知まで含みます。またちょっと違った空気を感じます。都会ライオンズの匂いがします。代議員として賛成か反対かの投票は国際理事に推された方の承認か否かでした。クラブを代表して自分たちが決めているのだという意識に駆られます。色々な違いも感じます。例えば女性会員が多くなったこと、女性クラブ会長も会員数の多いクラブからでも生まれていることなど十数年前より少し違って来ています。地区役員さんや執行部の6〜7名が行かせてもらっても決して無駄にはならないと思いました。

会報4月号

昨年末から何度となく強烈な寒波に見舞われ遅くまで寒い日が続いていましたが、ようやく昼間暖かく感じるようになった今日(この記事を書いているのは3月末です)この頃です。そうです。プロ野球の開幕です。やっとシーズン・インです。今年も熱いゲームを期待です。ナイター観戦か大河ドラマか迷いますね。どちらか録画するしかないか?東京オリンピックで復帰種目として決定していますから益々盛り上がります。他のプロスポーツも頑張れ、特に大相撲の日本人力士。たまには萩の地からメジャーなプロスポーツ選手が生まれることも期待です。

会報3月号

去る2月11日(日)に、アトラス萩店前で年2回恒例となっている萩ライオンズクラブ主催の献血が行われました。400ml採血基準は、体重50s以上、男性17歳女性18歳以上です。雪がちらつく寒い中ライオンズメンバー含む多数の応募者の中から54名の方が献血されました。応募者の方に本当に敬意を表します。余暇を楽しむ時間であるに違いないのに人助けをする。しかも誰も知りません、公表されません。皆さん本当に男の中の男、女の中の女ですよ。誰も知らないのはかわいそうなので、至誠館大学の野球部とゴルフ部の学生さんが来てくれたのだけは知らせてあげたいですね。ありがとう。またお願いします。出来たら一般学生さんも。

会報2月号

カープ、カープ、カープ広島、広島カープ。開幕まであと約2ヶ月、禁断症状が出そうです。スナックのカラオケでもこの歌は今控えています、早く熱いゲームが観たい。カープのセリーグ3連覇は成るのでしょうか?SCを征し悲願の日本一に成れるでしょうか?この明治維新150年の記念すべき年をカープのリーグ優勝、日本シリーズ制覇で飾れますよう切に切に願う次第であります。ところで維新150年、いろいろ記念イベントがあるようですが、萩の地において歴史文化は大変大切ですがプロ野球のオープン戦とか2軍戦とかそういうイベントは市民は望んでないんでしょうかね、プロスポーツだけでなく音楽芸術関係とか、なにかそんなイベントがあればいいのにと思います。わたしが知らないだけかもしれませんが。もしそうだったらごめんなさい、教えてください。

会報1月号

皆様、あけましておめでとうございます。いよいよ平成30年と明治維新150年の幕開けです。自分なりに色々考えてみたいと思っています。まず明治になって前半は必死の近代化と松陰先生の尊王攘夷の教えにより、日清戦争、日露戦争の勝利までは良かったのですが残りの半分は太平洋戦争の敗戦により、我々戦後生まれは生まれながらにして敗戦国の国民です。悔しいです。いまだにそれは効いています。早く歴史上の出来事にならないんでしょうか?また萩の地から敗戦を消し去る維新を起こせないもんでしょうか。即ち靖国英霊に申し訳の立つ平和で明るい未来を。

会報12月号

少し前の話になりますが、私が少し好きな広島カープがCSで元横浜大洋ホエールズに負けて日本シリーズに出られませんでした。悔しいです。先日トランプ大統領が韓国を訪れた時、韓国が元慰安婦と竹島の海産物を出してきた時くらい悔しいです。明治維新胎動の地の意識ある萩市ならではの維新150周年には、改めて先の敗戦を学習しなおして、これからの日本の事を萩の地から考え直すべきではないでしょうか。

会報11月号

今月は昔天神様のお祭りと言っていた萩ふるさとまつりがあります。子供の頃から大名行列と草履とりと金谷天神の牛と展示された書道作品と千歳飴が印象に残っています。今は明治維新頃のお侍さんや官軍の騎兵隊などの大コスプレ大会みたいになっていますね。それも大変よろしいのですが、歴史というものは明治維新頃だけではなくその前も後も物語のように続いているものなのではないでしょうか。萩や長州出の先人達が新政府を創り殖産興業、富国強兵を短期間で成し遂げ、日清、日露戦争に勝利し欧米列強国に肩を並べ最後敗れはしたもののアジア諸国の独立を目覚めさせ、今度は臥薪嘗胆の想いで経済戦争に打ち勝ち経済大国となり現在に至っているところまでもうそろそろ日本人の誇りを以って伝えていって良いのではないでしょうか、これを明治維新150年の萩の地から。国民の命を護る国防もまた萩の地から。

会報10月号

先日、広島カープのリーグ優勝が決まりました。万歳!あとは今年こそ日本一を願うのみです。話は変わりますが、今年の萩ライオンズクラブは各委員会が大変活発に稼働して頂いています。主体性を以て色々な事を皆で考えてくれています。本当に頼もしいです。ありがたいです。第3副会長になってから委員会に所属していません。決まりだから仕方ありませんが、ちょっと羨ましくなってきました。また元に戻ったら俺も一丁やってやるぞという気になってきました。皆さんありがとうございます。

会報9月号

先月に引き続きもう少し広島東洋カープの話をさせて下さい。リーグ優勝マジックが点灯しました。現在24です。リーグ優勝間違いなしでしょう。マツダスタジアムになって雰囲気が良い方に変わり堂林選手らの活躍でカープ女子などのファン層も激増し、今ではチケットが全く取れないほどの盛況です。私もファンとして熱狂していますが、ふと客観的に観てみると強くなるために必死で頑張った結果、特色のある勝ち試合を多くみせることで企業としてかなり強力なブランド化に成功したようにみえます。手本にしたいですね。

会報8月号

萩LC56期会長の椙本久繁です。私の趣味の話をします。それはプロ野球観戦です。カープファンなのでカープ戦ばかり観てます。昨年今年は熱いです。カープの帽子をかぶり続けて苦節20年やっと陽の目をみてます。弱い時から変わらず必死のプレーにスカッとします。厳しい練習の中から自球団の中で育った若い選手(約一名40歳越えもいます)の活躍です。会社でも何の組織でも理想のかたちだと思います。今日はここまでにしておきます。乞うご期待下さい。


新三役・地区役員、就任挨拶

第56代会長 L.椙本 久繁

第56代会長 L.椙本 久繁
萩ライオンズクラブ第56期会長を拝命致しました椙本久繁でございます。1年間どうぞよろしくお願い致します。私は企業や色々な組織の最終目的は、まず続けること、できれば今より少しでも質量ともに大きくすることだと思っています。ライオンズも同じだと考えます。これを実際にライオンズを稼働させている各委員会に啓蒙して行きたいと思います。委員会の主体性でもってその質の向上を目指して頂ければと存じます。トップとしてそのための情報伝達者となることを自分自身も目指したいと存じます。
@座右の銘:単純明快 A趣味:プロ野球カープ戦観戦

第55代幹事 L.白田 豊

第56代幹事 L.白田 豊
第56代椙本久繁会長のもと、幹事を務めさせていただきます。会長のスローガン、運営方針を会員の皆様にご理解いただき、滞りのないクラブ運営のお手伝いをさせていただきます。中屋政浩会計とともに、きめ細かい対応を心がけていくつもりですが、行き届かない点も多々あろうかと思います。皆さまのお力を借りながら、1年間頑張りますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。
@座右の銘:現場主義
A趣味:春・秋:広島東洋カープの応援と酒!
    秋・冬:DALLAS COWBOYSの応援と酒!

第55代会計 L.中屋 政浩

第55代会計 L.中屋 政浩
本年度、会計を務めさせて頂く事となりました。会長スローガンの「いつもニコニコ We Serve」の精神のもと、笑顔で頑張ります。皆様のご指導、ご協力の程宜しくお願い致します。
@座右の銘:出来ない事は無い A趣味:朝の散歩

ライオンズクラブ国際協会336-D地区 常任名誉顧問 L.竹下雅雄

名誉顧問会議長 L.竹下 雅雄
今期は336-D地区では、地区常任名誉顧問(3年目)、336複合地区では、GLTコーディネーター(3年目)をする事になりました。ガバナーは第2副地区ガバナーから地区常任名誉顧問終了までの7年間の拘束になりますので、今期はその内6年目になります。もう2年間頑張って義務だけは完遂したいと思っています。 その間私が萩ライオンズクラブに与える事が出来るメリットは、国際協会はじめ上部組織の最新情報だと思っております。 年寄りの夢としては、以前の様に正会員70名以上のクラブ(山口県一)になってくれれば…、萩キャビネットの成果として、私のライオンズライフの締めくくりになると淡い期待を持ち続けております。

ライオンズクラブ国際協会336‐D地区 会計監査委員 L.三好一敏

ライオンズクラブ国際協会336‐D地区会計監査委員 L.三好一敏
ようやく1年間の地区会計監査委員という役目を終えたと思ったら、すぐに又2年目の地区会計監査委員である。新しく就任したという表現が正しいのか、2年任期の最後の1年と表現するのが正しいのか私にも良く分からない。私にとっては萩キャビネット三役であった会計の勤めがまだ終わっておらず、その最後の1年であるととらえるのが最も適切なのかもしれない。マニュアルではキャビネット構成員ではないはずの監査委員も1年間4回あるキャビネット会議には必ず招請があり、リジョンやゾーンの会議にもお呼びがかかる。それらの会議に出席して又新しい出会いを経験できる楽しみな1年でもある。そして私にとっての集大成が来春浜田市での地区年次大会会計監査報告である。

336-D地区6R-3Z・ゾーンチェアパーソン L.西村 龍美

336-D地区6R-3Z・ゾーンチェアパーソン
今期、336-D地区6R-3Z・ゾーンチェアパーソンを務めさせて頂きます。キャビネットと3Z・4クラブの連絡調整役として、また、諮問委員会等を通して広く皆様のご意見を伺いながら、3Z発展に微力ではありますが努力してまいります。 また、9月にありますガバナー公式訪問・4クラブ合同例会には多数の方々のご参加、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

第55期 三役・地区役員 一年を振り返って

第55代会長 L.富川 芳人

第55代会長 L.富川 芳人
認証55周年の年、当クラブ第55代会長を仰せつかりました。就任前より委員会名称並びに、その事業内容について協議を重ね、キャビネットの方向に合うよう改変させていただき、スタートを切りました。クラブの足跡を振り返り、現在そして未来のために何ができるかを考え、会員全員が同じ方向に進むよう、スローガンを“想いをひとつに We Serve”〜未来のために地域のために〜とさせていただきました。クラブ運営では、3名の優秀な会員拡大を図ることができた反面、3名の退会者を出してしまったことはとても残念なことでした。例会の出席率はやや下がったものの、ドネーションは過去最大となる多額の拠出をいただき、その一部を、来る認証60周年に向け積み立てることもできました。アクティビティでは、萩東中学校の先生方を中心に開催した「ライオンズクエスト」、震災地の熊本から障がいをもつ方々のチームを招いて開催した「卓球バレー大会」、そして助成金を拠出し、運営に協力した「西部航空音楽隊と市民の夕べ」の3つの事業を、認証55周年記念事業として実施することができました。クラブ運営や多くのアクティビティが出来たのも、理事、役員をはじめ会員、レディの皆様のご理解とご協力のおかげと心より感謝致します。最後に、第56期椙本会長をはじめ、理事、役員の皆様のご活躍とご健勝を祈念し、お礼の挨拶といたします。一年間ありがとうございました。

第55代幹事 L.村谷 幸治

第55代幹事 L.村谷 幸治
何はともあれ、1年が終わってホッとしています。1年を振返って「あっという間だった」と言う方がいらっしゃいますが、私にとってはとーっても長い1年でした。就任当初、気負わずに「幹事みたいな感じ」で自分らしく務めようと心に決め、皆さんに迷惑を掛けることがないようにと1年間突っ走ってきましたが、終わってみれば、幹事として至らぬ点ばかりで大変申し訳なく思っております。しかし、3つの55周年記念事業をはじめ、様々なアクティビティや様々な会議・大会への参加を通じて、色々な方と出会い、色々な体験をさせてもらい、本当に貴重な時間を過ごすことができました。会長をはじめ理事・役員の皆様、会員の皆様、そして田中事務局、1年間ご協力いただきまして、大変ありがとうございました。村谷は普通の会員に戻ります!(笑)

第55代会計 L.宮本 直治

第55代会計 L.宮本 直治
皆様の寛大なご協力により、事業費につきましては通年の繰越金の確保と60周年への積立が出来ました事、只々、感謝であります。ありがとうございました。冨川会長をはじめとする理事、役員の皆様ご苦労さまでした。7役の絶妙なチームワークに感謝です。村谷幹事、空前絶後のお疲れ様でした。

ライオンズクラブ国際協会336-D地区 名誉顧問 L.竹下雅雄

名誉顧問会議長 L.竹下 雅雄
前期は地区名誉顧問会議長として忙しい1年でしたので、今期は少しゆっくりと出来ると予想していたのですが、あては外れで常任名誉顧問としてほとんどの会議には出席しなければならず、特に6リジョン各ゾーンの諮問委員会にも選出ガバナーとして出席義務があり、今期も忙しい1年でした。更に、336複合地区のGLTコーディネーターも2年連続となり、東京事務所をはじめ遠くへ幾度も行った1年間でした。最近GLTの役目が非常に重要視されてきたのが気になります。更に、GSTやGATと国際協会では新しい役職がどんどん作られております。  今年はライオンズクラブ設立100周年で、記念大会は発祥の地、米国シカゴで7月2日から開催されます。これを機に次の100周年を目指しライオンズクラブも大きく変わろうとしています。 我がクラブも同様と思われます。私は萩ライオンズクラブは新潮流にも充分に対応できる山口県を代表する「名門クラブ」と確認しております。私はそんなクラブに永年在籍している事に誇りを持ち、残り2年のお礼奉公に力を尽くそうと思っています。

ライオンズクラブ国際協会336‐D地区 会計監査委員 L.三好一敏

ライオンズクラブ国際協会336‐D地区会計監査委員 L.三好一敏
1期目任期終了
 萩キャビネット三役であった会計の務めが終わって長い時間が過ぎた気がしていたが、まだ2年が過ぎただけである。この地区会計監査委員の1年間を振り返ってみるに、4回あるキャビネット会議への出席と7月から12月までのいわゆる前期の会計監査、年次大会での会計監査報告が主な仕事であった。キャビネットの構成員ではないとマニュアルにあったが地区内の、特に山口県内の色々な会議には常に出席案内が来る。100%出席を目指したが、どうしても行事が重なることもあり、90%程度の出席率となった1年であった。萩キャビネットの時のような精神的な苦しさ辛さはなかったが、1年が終わったという満足感もなかった。まだ1年役目があるという意識だけが強く残っている。

萩ライオンズクラブ事務局

〒758‐0044
山口県萩市大字唐樋町字唐樋町28-1
萩センタービル2F‐A号室

TEL 0838-22-1220

FAX 0838-22-1680

MAIL hagi.lc@eagle.ocn.ne.jp

サバンナバナー

複合地区ガバナー協議会バナー

ライオンズクラブ国際協会バナー